近視と老眼の関係・・・近視の人は老眼になりにくい。

近視と老眼

トップページ

近視と老眼

近視と老眼の関係・・・近視の人は老眼になりにくい。あなたは、こんな話聞いたことありませんか?この話が本当だとしたら、近視と老眼はどのような関係があるのでしょうか?このページでは近視と老眼の関係についてご案内します。


近視と老眼の関係

近視と老眼の関係について説明をする前に、人の目のつくりについて説明しますね。近くのものを見るとき、人の目は水晶体を大きくしたりしてはっきりと見えるようにピントを合わせています。それが年齢を重ねていくことによって水晶体が衰えていき、上手くピントを合わすことができなくなってきます。この状態が老眼です。

近視の人は常に近くにピントが合った状態になっているのでこの老眼の状態になかなか気付きません。「近視の人は老眼になりにくい」この話の真相は、近視だから老眼にならないのではなく近視だから老眼の症状に気がついていないだけなんです。「近視だから老眼にならないって思ってたのに・・・」近視の人からすればちょっと残念な話ですね。


視力の矯正

「近視の人は老眼になりにくい。」なんての話を信じて老眼を矯正せずにいると視力がどんどん悪くなっていってしまいます。「見え方が前とちょっと違う」そう思ったら早めに眼科へ行きましょう。

  • 「でも、近視と老眼を両方とも矯正することなんてできるの?」

心配ありません。現在の医療はとっても発達しているので矯正の方法もたくさんあります。遠近両用眼鏡というものもあります。「見えづらい」というだけでも生活でとても不便です。目を大切にして、健康的に生きていきましょう!




a:671 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.77
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional